転職に向けて自分の過去を振り返ってみる




「転職する為の10のチェック項目」みたいな記事がネットに上がってたので、自分の状況と照らし合わせてみる。

多分酷い結果になると思うが、いってみよう。


キャリアチェンジの10ステップ
1.    現在の仕事の満足度を評価する。
日々の仕事に対する感想を記録し、自分がどういった気持ちで仕事をしているかを探る。 例えば仕事の好きな所と嫌いな所とか。 自分の仕事の内容、会社の文化、あるいは自分の仕事に携わる人たちに関する不満はあるかどうか。

個人的には、日記をつける余裕がないので、厳しい。多分日記書いたら不平不満しか出てこない、自分の場合は。


2.    自分の関心、価値観、スキルを評価する。
過去の成功した達成したこと、ボランティア活動、仕事の成果をレビューして、自分にどういう行動が合っているかを探る。 コアとなる価値観やスキルが、現在のキャリアを通じて上手く融合しているかを判断する。 

まず、ボランティア活動はやった経験がないので却下。国や社会の為に働いた経験はあるけど賃金貰ってたからボランティアには当てはまらないと思う。達成した事と言えば、ゲームでランキング入りした経験が何度かあるくらい。このくらいしか達成したと言える経験がない。

3.    代替キャリアを検討する。
ブレーンストーミングなどを行って、色々なキャリアを検討して、友人、家族、身内とコアとなる価値観やスキルについて話し合うことで、キャリアの選択肢に関するアイデアを集める。 アイデアを考えにくい場合は、キャリアカウンセラーに相談し、専門的なアドバイスを受けることを検討しましょう

一番、一般的なやつだと思う。
多分僕自身も一番力を入れてるのがコレだと思う。リクナビNEXTには登録してて担当のアドバイザーの方も付いてるし、友達や家族/身内にも相談済み。結果として、希望に沿った仕事が見つかっていないという事実があまりにも終わっているが(笑)

4.    仕事の詳細について情報収集する
自分の興味がある仕事について徹底的に調査する。グーグルで調べればある程度の情報は入手できる。

これは当たり前ですね。
情報収集の精度もあるかもしれないけど、ある程度は出来てると思う。

5.    専門家に教わる。
その分野の専門家や現役のプロの人から仕事について教わる。身近にそういう人がいない場合はSNSを上手く使って繋がりを持とう。

コミュ障の自分には無理。


…本当は10項目あったけど、照らし合わせるのがだるくなったので一旦ここで切り上げます。また体力が戻ったら続き書いていこうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

おはようこんばんわ

自分への投資を続けるか貯金するか

「マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)」を読み終えて