自分の必要労働と剰余労働を調べてみた

自分の必要労働と剰余労働を調べてみました。

給料 月26万

各種保険と税金 4万
寮費 1万5000
昼食代 1万5000
携帯代 1万5000
日用品 1万
食費 2万

大体こんな感じだと思います。こうして見ると、私の必要労働費は11万5000円。大体11日間働いて払える額ですね。そこから先、つまり残りの14万円程度が私の剰余労働になります。毎月1日から11日はタダ働きをしなければいけないと考えると、やはり私の収入状況は底辺と言わざるを得ません。

必要労働時間を減らすには、給料を上げてもらうか出費を抑えるしかありません。しかし、ただでさえ節約を意識している生活の中から1万2万と出費を減らすことはかなりキツイしストレスになります。ですが、日給を1000円上げてもらうと、それだけで必要労働を2日ほど減らす事が出来ます。日給1000円を時給として換算すると大体時給150円くらいでしょうか。時給150円アップを目指して仕事を頑張る・・・なんだか達成出来そうだしワクワクしてきます。

まずは出費を抑えることが最善策だと考えていましたが、給与アップを目指す方が生産的な気がしてなりません。マルクスの資本論はまだ読み始めたばかりですが、色々と影響を受けています。

コメント

このブログの人気の投稿

自分への投資を続けるか貯金するか

おはようこんばんわ

「マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)」を読み終えて