自分の仕事に自信を持ちたい~私の考え方

本当に会社の役に立っているのか?

働くからには会社に貢献したい。取り敢えず仕事に就いていればそれだけで社会の一員です。会社に貢献するということは、会社の利益向上に貢献するという意味です。少なくとも会社にとってマイナスであってはなりません。

だけど、今の私は利益向上に一役買っているという自信はありません。それどころか迷惑をかけているとさえ感じています。何故かというと、今の仕事がいくら位の予算で組まれているかを明確に把握していないからです。私が派遣社員ということもあると思いますが、コストについては大まかな部分しか聞いていません。そのせいか、今自分がやっている仕事が会社にとってどれくらいプラスになっているかが分かりません。



社会への貢献から会社への貢献へ

低賃金ではありますがお金を頂いて仕事をしている以上、金額分と言わずにそれ以上の仕事をやりたいというのが私の本音です。マネジメントの立場の人から見れば生意気に思えるかもしれませんね。要は、大した知識もないのにマネジメントに一役噛ませろと言っているようなもんですから。

仕事を頑張り続けていれば、それはいずれ給与アップという形で返ってくると思います。すなわち、会社に対して十分に剰余労働が出来たということだから、そうなれば私も自信が付きます。

しかし、仕事に慣れて体と頭に余裕が出てくると、ふつふつと新しい欲が生まれてきます。お恥ずかしい話です。

身の丈以上の仕事を望んでしまうんですね。自分にも出来るかもしれない、という希望が見えてくるんです。現実は考えている以上に苦労が多いと知りながらもです。

この考えはまだ誰にも伝えていないので、今度上司に話してみようと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

自分への投資を続けるか貯金するか

おはようこんばんわ

「マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)」を読み終えて