泉正人さんのお金の教養を読み終えて

誰も教えてくれなかったお金の教養





本書にはお金の使い方に対する考え方に重点をおいています。
また、お金そのものに対する姿勢についても触れており、私達日本人にとっては特にお金の教養が必要だと書かれてあります。

車を買うときも、車は買われた瞬間中古車になり価値が下がります。そして年を重ねるごとに価値は下がります。車を購入するときは、これらの点を考えた上で、今ベストタイミングで購入できる車を選択した方がいいと書かれてありました。例えば、将来プレミアが付きそうだとか、将来ワゴンが流行るかもしれないとか、そういう視点を持てということですね。

お金をケチる人が教養が高いわけではなく、自分にとってプラスになるようなお金の使い方が出来る人が教養が高いようです。

そして、本書でも本業とは別の収入源を持つことの大切さが書かれてありました。本業からしか収入がないということはロープ一本で吊るされている状態と同じだということです。不動産運用などによって、何もしなくても収入が入ってくる状態が一番いいらしいです。

確かに不労所得は誰もが憧れますよね。ただ、それ一本に頼るのは良くなくて、やはり複数の収入源を持つことが大切なようです。

私の場合は、私の収入源は完全に一本なのでリスキーな状態ですね。副業への意欲はあり、今は少しづつ知識を蓄えているところです。将来的には副業と本業で年収500万円を達成することが目標です!

コメント

このブログの人気の投稿

自分への投資を続けるか貯金するか

おはようこんばんわ

「マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)」を読み終えて