『信用力格差社会』を読み終えて

日本にはこれから広がってくる




読み終えてみると、日本よりも欧米に関する内容が大半を占めていました。欧米では既に浸透し切っていて、日本にはこれから広がろうとしています。

この信用力というのは、言い換えれば返済能力という意味で、クレジットカードを使って買い物をしたりお金を借りたりした時にキチンと返済できる能力を指しています。なので、貯金が沢山あるというのはそこまで重視されないようです

信用力において何より重視されるのは、やはり年収です。安定して高給であればあるほど良いということになり、この信用力がMAXの状態というのはゴールドカードがすんなり持てるレベルです。現在の私が到達出来るレベルではありません。

アメリカで蔓延している信用格差、そしてこれは日本でも起ころうとしています。この点に関しては詳しく書かれてありましたが、問題に対する具体化な対策方法が記されていなかったことが残念です。問題点だけ伝えられても、こちら側は『お金持ちになれるよう頑張るしかない』という結論しかでません。もしかすると、結局これが答えなのかもしれませんが…

また、同じ文章が何回も使いまわされていてくどく感じたりもしました。しかし、この点をマイナスとしても内容的には面白かったので満足しています

コメント

このブログの人気の投稿

自分への投資を続けるか貯金するか

おはようこんばんわ

「マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)」を読み終えて