クレジットカードがないと社会的立場がないって本当?

貧乏人はカードを持つなと言われているようなもの

銀行が発行している「キャッシング枠付きのクレジットカード」の審査条件は年々上がっています。

今では年収300万円以下だとクレカは作れないようになっているらしいです。今現在でもキリキリの私にとってはとんでもなく高いハードルです。今の私の年収が250万円くらいなので、あと50万円も上げないといけない。日々全力で仕事に打ち込んでいる私は、これ以上どう頑張れば良いのかわかりません。


クレジットカードなんて必要としない

まず、これ以上借金を増やすことは私の中であり得ないことなので、言ってしまえばクレジットカードなんて必要ありません。お金を使いたくなったら真っ先に貯金を考えるからです。

しかし、クレジットカードを持つということは社会的評価を得るということでもあります。だからこそ手に入れたい。
でも、40~50万のキャッシング枠のカードを得る為に必要とされる信用力というのはとても高いです。


人並みの評価を得る道のりは長い

俗にいう普通の社会的評価を得たいのですが、今の社会環境だと本当に厳しいです。

ますます格差が広がっている気がしてなりません。一体、20代の内にクレジットカードを持っている人はどのくらいいるんでしょう。サラ金や消費者金融のカードは簡単に作ることができますが、他人からはいい目では見られないでしょう。財布を開けた時にチラッとサラ金のカードが見えれば、その人の経済的な信用力は下がると思います。むしろ持たない方がいいレベルです。

親や会社の先輩からも、せめて一つぐらいはクレジットカードを持っておけと進められています。もっと頑張らないといけない…こう考えると辛くなりますね。今を精一杯頑張る他ありません。

コメント

このブログの人気の投稿

自分への投資を続けるか貯金するか

おはようこんばんわ

「マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)」を読み終えて